<PR>
2011年03月23日

刺激

 2泊3日の合宿から帰ってきたサトは、出掛ける時とは打って
変わって落ち込んでいて、表情は冴えないし、疲れているようだった。

 「大分、搾られたみたいだね。どうだった?」
 「地獄の特訓と言われるだけあって、休む間もなく、どんどん
  追い込まれて、本当に大変だった。勉強も教材もU類のレベルで
  やるから、僕にはちんぷんかんぷんで、まるで手に負えなかった。
  こんなにも僕のSクラスと違いすぎるなんてショックだったよ。」
 「でも、それだけ差があることが分かっただけでも良かったじゃない。
  これからの目標が出来たんじゃないの?」
 「うん。U類の連中は休憩時間でも休まずに必死でやってるんだ。
  俺も見習わなくてもいけないと思ったよ。」
 
 22時以降の自由時間になって、誰ものんびり過ごす者はいなかった
らしい。参加者全員が深夜まで机に向かっていたという。

 この特訓で、サトが大いに刺激を受け、以後の受験勉強に真剣さが増した
のは言うまでもない。

posted by たかママ at 22:54 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。